おんなのこがすきですが

 

自分は女の子が好きです。物心ついた時から女の子が好きだし今までずっとそう。男の子に興味を持ったことはほぼ無いし、その、ほぼ、という部分も義務的な要素が強かったのは否めない。昔から今まで、女が好きなの?男が嫌いなの?本当に女が好きなんだね。本当に男が駄目なんだね。幾度と無く訊かれてきたことです。同性愛者なの?その質問に否とは答えたくない。男になりたいの?その誤解を誤解無く解きたい。様々に問われる度相手と場と気分により答え方は変えてきたけれども、おんなのこがすきということに間違いは無いというのがひとつの答えです。

 自分は男がすごくすごく無理で男というだけで文句が無限に止まらないくらいなのですが、女の子は女の子が女の子だというだけで好きで好きが無限に止まらないくらいで、そんな自分が、嫌だ、嫌だ、嫌だ。好きな筈がない。好きですが。自分が好きな自分を嫌いになりたくないから、嫌な自分でいたくないから。

自分を変えたい。よくあるおじさんからの、男を好きになれないの?損だよ〜wまだ本当の気持ち良さを知らないんだねw教えてあげるよwみたいなのは不要です。でもそれはそう、という気持ちもあって。何かを見て無理とか駄目とか思うの気分は良くないし頭の容量と時間の無駄じゃないですか。何より正しい人間に憧れる私、ミサンドリを克服したい。ミソジニイを弾劾する前に自分を顧みたい。選択肢があるうえで選択したい。

努力の甲斐あってか最近、かなり大丈夫になってきました。その努力の内訳もいつかはお話したいですが。私ちゃん、出会い系をしてみようの回。私ちゃん、風俗嬢になってみようの回。私ちゃん、ホストに行ってみようの回。嘘ですが。馬鹿なのかな?そういう荒療治ではなくて根本的に原因を解決せねばならぬのでは。男性は必ずしも私を殴らない、必ずしもぶすだと虐めない、いや〜〜前者は頭では理解しているし後者はどうにもならないし。もっとポジティヴな経緯で大丈夫になりたいよ。マイナスを潰すよりプラスを見つけたい。無理じゃなくなる、でなくて、好きになる、これだ、これになりたい。今まで好きになれた男性、血縁であったりお世話になった方以外であげられる対象がいなくて。オタク気質の当方、一度は男性にはまってみたい。そうおもいつつ何年もの月日が過ぎていました。その中でも少ないなりに幾つかのいけそう案件もあって、今ならいける。きてくれ。というわけでこの記事をしたためるに至った訳です。オタクでよかったな〜。好きになりたいから好きにさせてくれ!男性嫌悪、無いです。そう言える日まで闘いたい。今日もまた好きになれる。