ダブルミーニングで推しに好かれたい

 

アイドルに好かれるオタクになるにはというようなアンケートを拝読してフムフムとなっている。

これから売れたい、会場を埋めたい、常に混んでいるように見せたい、そういう人は休日平日都内地方、関係無く通ってくれるファンが嬉しいだろう。既に売れていて会場は飽和状態、時間も無い、そういう人は一気にガツンと使ってくれるファンが嬉しいだろう。

 

そんなことを考えていた折、通う人の心理通われる人の心理、というブログを拝読し。

自分は通う側の人間、オタクをしているけれど(通えているといえるかはここではさて置き)、通われる側の人間の気持ちに想像を馳せてしまうことが烏滸がましいとはわかっていてもやっぱりあって。想像したってしきれないし本人がどう言おうと本心はわからない、それでも喜んでほしい、推しに好かれたい、認知とかそういうことでは無くて、金銭的にだけでなく心の支えになれていたら。例えどう思われていたって自分の推したい気持ちも姿勢も変わらないけれど、というかそんなもので変わる自分な筈が無いと信じたいだけだけれど。まあでも来てくれて嬉しいというような対応してくれたらあっさり喜びますが。ちょろいオタクなのでね。仮に塩対応されたとして、自分が勝手に来て会えている時点で料金分のお仕事を推しはしていると思っているから、それで気分が下がったりモチベーションが下がったりということは無いということです。まあ塩対応だなんて感じたこと無いですけれど。

 

お話少し変わりまして。

通われる側、というかお金を使っていただく側の立場になることがあるのですが、勿論自分が通っている側の人間とは全く事情が違うけれど、お金を使っていただいている自分、の気持ちはわかるじゃないですか、まあ当然(笑)

私はね〜〜短時間で高額使ってくれたら嬉しいなと思ってしまうことが多いです、その他の時間を新規獲得に使いたい。でもそれは理想で。時間を埋めたい、安くても何でもいいから掴みたい、まだその段階。

あ、ここからがくんと文章の熱が落ちます。飽きました。

推しの気持ちがわかるなんて全く全くそんなことはないけれど、推しも頑張っていると思えば、推しが元気と勇気をくれるから、自分も頑張ろうと思えるよ。あと具体的には通う側として嬉しかったことを参考にすることで自分の振り幅がひろがった気もします、自分の発想だけでは限界があるし。

 

俯瞰、客観、そういう機能の無い頭の持ち主なので、どんなに遠い世界のことでも離れた人のことでも自分に引きつけて置き換えてという思考の仕方しかできなくて、何もわからなくて悔しい。だけれど消去法とニアリーイコールを繰り返して理解に近い何かを見たい。

 

烏滸がましくたって見当違いだって何だって、こんな自分が人間らしくてかわいいなと思うから、通わせていただいている彼女たちにも通ってくださっている彼等にも好かれたい。あ、この傲慢さは通う側としても通われる側としても致命傷ね。うん。後半冗談です。どこからよ。疲れたな、おしまい。

 

*ここから追記分。

お金を使っていただいて、料金分のお仕事はお仕事としてつとめようというだけの感情の時もある。笑顔を見ることができた時、報酬以上に喜びを得ることもある。私のことをおもって私のためにお金を使ってくれた方には満足していただきたいと頑張りたくなる。あと本当にお恥ずかしいことに、本来なら金額と時間と内容に応じて対応するところ、好きな人ならそれ以上になってしまうところもある。まあ好きな人って、金額も時間も内容も申し分無いところから好きになることが多いですが。それは兎も角ね、いろいろな人に助けられて生きてきて感謝をしていて感謝以上の情も時にはあったりして、通う側として通う側から得るものもあるなあと気付いたりもしたのです。通われる側として通われる側から得るものがあるのと同じように。感謝を忘れずに生きたい。

追記分終わり。*