卒業と引退と

 

乃木坂46橋本奈々未さんの卒業発表に寄せて。

ただの思い出、自分語りをさせてください。

 

その昔、大好きな役者さんの劇団の卒業という事を経験しました。

応援していた期間はあまりに短く、お金も落とせていたとはいえず、でも人生史上あんなに好きになれた人はいないと言い切れるくらいに好きで、そこから半年程は泣き暮らしました。

そんな事はどうでもいい。

その方は劇団からの扱いが良いとはいえず(運営推しみたいなこと)、マニアック的な人気はあったもののファンの数が特別多いというわけでもなく知名度が高いわけでもなく。

その劇団はコンスタントに人気在籍年数は無関係に退団者が出ます。

その方は卒業等の進退が大きく噂になるようなポジションではありませんでした。

あらゆる点で橋本奈々未さんの卒業とは事情が違うので、重ね合わせて語るのは違うかな、申し訳ないなとは思うのですが……。

 それでも、なんというか自分みたいな人もいるっていうことを言いたい、それ以上に自分のために記録しておきたいだけです。

 

発表時、多くの人が退団を惜しんでくれた事。

退団公演にて、役があったり台詞があったり少人数でのダンスパートがあったりと扱いが良かった事。

卒業特集としてメディア露出があった事。

嬉しかった。

所謂古参というような長いファンではなかったので、古参の方々からしたら発表時に突如好きだったアピールをし始める大多数と同じように見えていたかもしれないとは考えてしまいますが、でも自分で好きでいられたのが幸せだったからよいのです。

 

お話変わって、当時は退団後に対する不安が消えませんでした。

二度と芸能活動はしないかもしれない。

結婚してしまうかもしれない。

地元に帰ってしまうかもしれない。

本人が幸せならどんな道に進んでくれてもいい、そう心から思っていたつもりで声にも出していたけれど、でも元気な姿見ていたいというのが本音でした。

特にその劇団は寿退団される方も多く、芸能活動を始めてくれたとしても妊娠や出産でフェードアウトに近いかたちで私達から見える範囲からは姿を消してしまうという事が頻繁にありました。

はっきり言ってくれるなら心の整理もつけやすいかもしれない、でも大抵、新たな道を模索していきたい、みたいな曖昧な言葉を残して去っていくんですよあの人達は。

仕方無い事ですけれど!嫌とか思っていないですけれど!

一縷の望みを捨てたくなくて贔屓の名前で検索をかける日々。

時たまヒットする目撃情報。

「スタバで見かけました!^^」

嬉しい気持ちはあれど、おいおいモラル??目撃情報ツイッターであげないで??自分で探していたのにそんな風にいちいち苛々してしまったりもしました。

寂しかった。

 

そして今。

その方はかなりバリバリ人前に出るお仕事をしてくれています。

休む間も無く、劇団在団時に近いお仕事から全く新たなジャンルのお仕事から。

劇団出身者の新たな道を切り開いてくれたね〜等と言ってくれているのが聞こえてきたり、元々劇団在団時は知らないのに新たな活動がきっかけでファンになってくれる方々がいたり。

幸せです。

 

改めて振り返ると、退団時の絶望、その後の活動発表の感動、それぞれ絶対に忘れてはならないなと思います。

今があまりにも幸せなのに、正直最近慣れと慢心が出てきていた事は否めません。

いつでもお仕事してくれているし、今行かずともまたいつでも会いに行ける、そんな気持ちがありました。

駄目だ。

 

橋本奈々未さんの発表で目が覚めました。

卒業、だけでなくて引退。

こういう事もあるんだよ。

いつかねなんて思っていたってくる時はくるのです、いつだって突然に。

橋本さんの握手いつかは行きたいわ〜でも取れないしさ〜まあいつかね〜……。

じゃないんだよ!今!今入れる!はい入れる!

推している方に申し訳ないかもしれないそうかもしれない、でも行きたいって少しでも思った時点でちょっとは好きじゃん?駄目?ごめん当たるかわからんしダメ元でさせてくれごめん、ごめんな!

 

前述の好きな方の事もな、そういえば数ヶ月先の予定がとか出ていないよ、まだ発表なっていないだけかなとか少し休んでもその後何かはするでしょとか思っていたら駄目、何起こるかわからないでしょ、そんな事わかるでしょ。

今行きたいと思ったら行く!はい行く!稼ぐ!細々と暮らせたらいいとかそんなのは間違いです、好きなんでしょ?何もない事が平和よとかそんなものは言い訳です私にとっては、本当は行きたいんでしょ会いたいんでしょ頑張れよ自分の心を誤魔化すな!

 

 

はい今日も今日とてまとまらない。

えっとね、個人の希望としたら橋本さん卒業どうこう関係無く今まででもセンター見てみたかったな。

これからは卒業時センターにしたいと思える人材には卒業申告前にさせといてくれよな!

そのくらいかな言いたい事は。

乃木坂さんも欅坂さんも、選抜自体今回不満無いですそれ以外。

可愛い女の子達が可愛かったらそれで良いんだ正直私はね。

ちょろいからね。

 

目が覚めてオタク覚醒してそれ以外の私生活が益々嫌になってきて、男と会う予定とか飲み会の予定とか全てが嫌になってきた私です。

心無にして働き続けて休みには好きな女の子に会う生活がしたい、何者にも邪魔されたくない。

私の気引きたくて乃木坂の話振ってくる男は黙ってくれそんな次元にいないんだ、あなたと話すその時間で握手券何枚分稼げたのか?あなたと過ごす間の金額で握手券何枚買えたのか?

私が悪いのだけれどね、取捨選択、嫌なものは嫌と言う!

生きるぜ俺は、オタクスイッチオンにして駆け抜けていくぜ今冬、待ってろ女の子、好きだ!

大好きだ君が大好きだ僕は全力で走る、という気分。

 

 

 

 

ン〜〜二日酔いかな?