0817

 

 

ご無沙汰しております。

 

前回の更新以降精神があまりに健康になってしまい、長文を打ち削り推敲し読む人もいないブログに記事を上げてまで感情を吐き出したい衝動に駆られる事が無かった。

 

お酒を飲んだり痛いところを突くような事を言われたり体調が思わしくなかったり、そういう時にはそれまでのようなセンチメンタルな自分が出てきてしまうけれども、それでも普段は大分落ち着いて生きる事ができているのではとおもっている。

 

大人になったなあとおもう。

他人より遅い思春期をようやく終えたのだと捉える事にしている。

顔が老けた。

身体のところどころに衰えを感じる。

ううん、確かに自分はまだまだ若いよ。

でも若振る行為こそ老いだという気もするし、ビフォアに比べてよ、それは。

成長だとか、幼さから若さに、というよりは、老けたという表現が当て嵌まる。

 

若くて可愛いからちやほやされてゆるされているのに。

 

もうだめだ、誤魔化しがきかない、ちゃんとしなきゃ。

 

 

 

四時半に起きて五時に家を出て仕事に行く、好きではない相手、でもちゃんとちゃんと生きている。

心の中で他人を嫌うのに資格なんて要らない、でも今になって、人として好きにはなれないけれどもでも尊敬の念にたえませんわ〜〜^^みたいな舐めた気持ちが芽生えてきてしまって、何様なのと呆れる。

おもうのなんて自由だし、勝手に罪悪感抱いて性格良い人っぽい気分になってすっきりしたって意味無いよそれで終わった気になっても何も進歩無いのに。

 

何の事やらですね。

 

 

 

もっと可愛い記事書きたいのです。

 

数ヶ月越しに下書き一覧覗いて気付いたの、握手会レポに近い何か上げようとしていたらしい。

中身ただの感想みたいだったけれども。

鮮度落ちているし気分じゃないしきっと上げないけれども、覚えていたらいつかそんな感じの記事上げたい。

 

 

おしまい。