0417


この日は新しい職場へ。
狭いし汚いし古い、けれど特段対応や待遇に不満な点がある訳ではない。
でもこれといって前の職場を上回る点も見つけられず。
出戻ってしまおうか。
今までも何度か辞めようとしてきたけれど結局毎度そうしてきてしまっている。
今度こそと思ったのに。

容姿の問題。
素材の悪さは人類の中でも指折りのレベルだと思う。
私より救いようの無い素材を持つ人間を見た事が無い。
私よりブス扱いされている子はいるかもしれない、けれども磨き方の問題だろうなという子ばかりで、その子も口では可愛くなりたいなどと言う事はあっても本当には変えたいと願ってはいないのだろう。
自分を売ってまでも資金をつくり、痛みに耐えてまでも変わりたくないし、そもそもそこまで悩んでいない。
幸せな事だと思う。

私は今まで容姿で損をした事はあっても得をした事は無い。
今のままの醜い私でも可愛い好きだと示してくれる人に出会えていたならと身の程知らずな夢を見てしまう事もある。
それも容姿の醜さを補って余りある魅力のある人間だったならという前提あってこその事だと理解はしているので実現不可能なのだが。
整形をしたい。
そう溢した時、してほしくないと言われた事が一度ある。
しなくていいよ、という必要性ではなく意志。
嬉しかった。

新しい環境に飛び込む時、第一印象は容姿の占めるところが大きいだろう。
前の職場で勤めだした時の私は信じ難い事に今より更に醜かった。
働き始めて、揉まれ、努力し、少しはましになった自負がある。
周囲にも言われる。
勿論気はつかっているだろうけれども全くの嘘ではない筈。
前の職場の人達は最初の本当にひどい私を知っているので、見慣れたという事も多分にあるだろうけれど相対的に評価をくれる。
一方新しい職場に飛び込むとなった場合、彼等は以前の私を知らない。
何の先入観も持たずに見た私は、ただのブスだ。

前よりは成長した自分、新しい自分で新しい環境で勝負してみたいという思いもあった。
更に醜かった頃の記憶を持つ相手には、態度を変えてもらう事はなかなかできない。
違う職場で今の私ならと馬鹿な期待をほんのりとでも抱いてしまっていた自分に気付き、恥ずかしい。
まだ駄目だった。
今の自分では全く歯が立たない。

落ち込み、慰められ、時が過ぎ、落ち着き、今に至る。
逃げなのかもしれないと思いたくない。
勝手知ったる古巣でぬくぬくとするのは逃げではないのか?
今いる環境のせいにして場所を変え転々とするのは逃げではないのか?
何が正解なのか。